静的型付け言語原理主義者によるRailsチュートリアル(第1章)

  • POSTS
動機 なぜRailsチュートリアルをやろうと思ったか。それは自社プロダクトでRailsを採用しているにも関わらず、自分の主担当がネイティブアプリ開発であるため、Railsを何一つ理解していなくても日々を過ごせてしまうことへの不安や停滞感を解消し、開発者としてもう一歩先へ進みたいと思ったことが大きな要因である。 このブログ記事は、静的型付け言語原理主義者である自分が、Railsチュートリアルに取り組む中でのメモ、発見、所感を垂れ流していくだけのものである。 第1章 ゼロからデプロイまで 1.1 はじめに Railsを採用しているプロダクト Kickstarterは自分も使っている DHHという謎の三文字の人はRailsの人だった(今更) サンプルコードの時点で静的型付け言語原理主義脳が拒絶し始める 1.2 さっそく動かす Cloud9 重そう Channel9なら知っている(Microsoft脳) ローカルで動かしたい気もするがお勧めにならってCloud9を選択 AWSアカウントを作る ググりつつCloud9用のIAMを作成 OSはAmazon LinuxではなくUbuntuを選択 インデントがスペース2つなのが受け入れられない Railsインストール ドキュメントのインストールで時間を使わないためのオプション 昔はVisualStudioのインストール時にMSDNドキュメントのインストールも追加で行うと死ぬほど時間がかかったなあという謎の思い出し 最新のRailsは6.0.0だがおとなしくチュートリアルに従い5.1.6を選択 1.3 最初のアプリケーション rails new するだけでアプリのスケルトンができる つよい Railsはディレクトリ構成が標準化されているので、別プロジェクトでもどこに何のファイルがあるかわかりやすい パッケージを自由に切れる開発環境と比較すると、標準化されているのは確かに良い Gemfile Gradleみたいなものだろうか? バージョン指定は結構細かく制御できる Gemはちょっとしたマイナーアップグレードですら問題を引き起こすことがある 怖すぎでは rails new して bundle install 一発でアプリができてしまった 簡単すぎて怖い そしてrails server するだけでアプリが起動 簡単すぎて怖い Yay!